NEWS

技拓が伝えたい10のこと その10

連日の猛暑日。ちょっと危険な暑さで、外にいると頭がくらくらしてきますね。
現場の職人さんも顔を真っ赤にして、頑張ってくれています。
明日からしばらくは雨ということで、小休止ですが、
台風の影響も気になるところですね。

さて、今回で最後となりました。
技拓が伝えたい10のこと。
ずいぶん掲載に時間を取ってしまいましたが、読んでくださっている方から
共感の声を頂いております。
初めてご来社されるお客様にも、簡単にご説明させていただいてますが、
ひとつひとつ、改めて読んでいただけると嬉しいです。

家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ、未来も見据えて考えてほしいことがあります。

技拓が伝えたい10のこと その10
 

次世代に引き継ぐことができる家は愛情をかけた証。
貴方にとって未来の財産になるよう、楽しみながら暮らしましょう。
あなたの家への想いは、次の住まい手にも必ず伝わります。

日本人は特に、高額で購入した家を工務店任せにしがちな国民であると言われています。
欧米人は、自分たちでメンテナンスすることを子供のころから見慣れているのもあると思いますし、
お金のかかることですので、極力自分たちで直そうとするのでちょっとした技術もありますね。
もちろん難しいまたは、危険な作業は建てた業者さんに任せるのが一番ですが、
日々の小さなメンテは、できる範囲でコツコツと。それがいちばん重要なんです。
掃除も同じことだと思います。
ちょっと手をかけるだけで、家のもちも変わってくるからやりがいがあります。
そしてそれは家を大切にしてきた証となり、その先の家の表情に現れてくるものです。
特に木材を多用する技拓の家は、ほったらかしにすれば腐ります。
放置することで朽ちていく自然素材です。
そこへ、庭が荒れ果て蜘蛛の巣でもかかれば、もうお化け屋敷!
夏は特に、庭の雑草の成長も早く手入れが追い付かないとは思いますが、
ひとたび庭の掃除をしただけで、家そのものもキラキラして見えてくるから不思議です。
劣化ではなく、趣きに変わってくれる素晴らしい素材ゆえですね。

住まい手の方にしていただきたいことは、そんな難しいことではありません。
たとえば台風のあと、一回りして破損がないか目視する。破損を放置しないためです。
植物と一緒に網戸や窓に水をかけ、潮を流す。これは錆防止になります。
外壁の割れや抜け節のチェックで、防水シートの劣化を防ぐ。
デッキには長時間同じ場所に、鉢を置かない。これはスノコの腐りを防ぐため。

内部でも水回りの水のふき取りをこまめにする。
窓を閉めっぱなしにしない。
フローリングも水ぶきをたまにしてあげる。
お掃除をロボットにまかせきりではなく、たまに自分でも隅々をチェックする。
劣化させないためのほんのひと手間なんですね。
 
※引き継ぐ見学会

※技拓の家の価値を考える会

そんな些細なことの繰り返しが、
10年後20年後30年後に、どれほどの価値を生み出すか知っていますか?
そして愛した分だけ、あなたの想いが家のムードとして味わいを増していきます。
要するに、家も可愛がってあげると必ず答えてくれるということです。
暮らしの一部としてお掃除も楽しみながら、未来の自分たちのために。
そのあなたの想いは、次の世代がきちんと受け止めてくれ評価されると
私たちは確信しています。

いかがでしたか?
私たちの伝えたいことは、これからの時代に更に大切にされていくことと
信じています。
良いものをつくり、長く使うことが未来にもたらす価値について、
家づくりを通して、これからも伝えていきたいと思います。

技拓が伝えたい10のこと その9

暑い真夏日が続いています。
今年は、札幌でも30℃超えが目立ち、野外競技でのオリンピック選手も大変だろうと思います。
この暑さの中、室内であっても夏場の木陰は大変重宝するので、
昔から、できれば西向きに落葉樹のシンボルツリーをお勧めしてきました。
冬は西陽ですらありがたいので、落葉樹にすることで
日中の陽だまりを取り込むことができるからです。
家そのものに性能を持たせるだけでなく、木々とも上手に共存していくことで
受ける恩恵はまだまだありますね。

さて、10回にわたり「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。今回は、その9になります。

家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ、未来も見据えて考えてほしいことがあります。

技拓が伝えたい10のこと その9

 
建物とまちとの「へり」にあるもの、それは植栽、庭、自然です。
家の歴史を物語るシンボルツリーを植え育てましょう。
園芸管理を通して豊かな「へり」が生まれるとそれが景観となり、まちの住人とも
心の交流が生まれます。

技拓は、環境に溶け込むような家づくりを長く目指してきました。
外壁に使用しているレッドシダーの味わいは、季節の移ろいも木々を通してより
美しく感じることができます。
互いに相乗効果を生み出し、歳を重ねるごとに環境に溶け込み始めます。
それが景観となり街並みとなります。
もし、あなたの土地が更地だったとしても問題ありません。シンボルツリーを植え、
まちと敷地のへりを植栽で豊かにしてあげてください。
手入れをしていると、近隣との挨拶や会話が増え、きっと笑顔も増えていくに違いありません。
その心の交流は、いつしか周りに影響を与えていくことでしょう。
それが街並みに変化をもたらすことを私たちは知っています。
 

技拓が伝えたい10のこと その8

投稿が2ヶ月以上空いてしまいました。。。
新緑を過ぎて雨が多くなり、そろそろ関東も梅雨に入りそうですね。
今日も激しい雨ですが、アジサイがいたるところで咲きだしています。

さて、10回にわたり「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。今回は、その8になります。

家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ、未来も見据えて考えてほしいことがあります。

技拓が伝えたい10のこと その8

窓や照明器具は、明暗のバランスを考えましょう。
陰翳礼讃の心もまた大事であり、明るいだけではつまらないのです。
暗さがあってこそ、明るさの良さが引き立ちます。

家づくりのご相談を頂く際、「大きな窓でとにかく明るく」とおっしゃるお客さまは多いです。
特にマンション暮らしの方々にとって、一軒家にするならば窓を多くして明るい家にしたいと。
また、せっかく湘南に引っ越すのだから、明るい家に住みたい。そんな思いもあると伺います。
そのお気持ちはよくわかりますので、大きな窓を付けることに基本賛成しています。

ただし、家の中というのは、ただ単に明るいだけでは空間の雰囲気がでない。
光と影があってこそ、空間に豊かさが増すと思うからこそです。
電気をつけていない部屋に、お日様が一定の時間だけプレゼントしてくれる
木洩れ日や水の光が白い壁に反射して写し出されたときが、「この部屋の一番好きな時間」と
おっしゃるお客様もとても多いのです。


明暗によって奥行きを感じ、人はその先へ自然と足が向く。
技拓の設計者は、明りに促されるように2階へ誘導させるような階段や、
廊下の先の部屋を提案することが多くあります。
日々、家全体に足を運べる空間デザインには、実はこの明暗も大きな役割を担っているように
感じています。

照明もトップライトと間接照明を上手に分けて使いこなせると、
空間にムードが生まれることは間違いなしなので、ぜひ明暗のバランスを
愉しんでみてください。

技拓が伝えたい10のこと その7

今日は、圏央道を通って少し遠出をしましたが、
雲もなくポカポカとしたお天気で、どこまでもドライブしてしまいたい気分でした。
いよいよ本格的な春到来ですね。

さて、10回にわたり「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。今回は、その7になります。

家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

技拓が伝えたい10のこと その7

7.壁は白を基調に、遊び心は控えめに。
飽きのこない空間に、家具やファブリックで変化を楽しみましょう。
味付けは薄いほど長く愉しめます。

食器でも、服でも靴でもなんでも、時代に捉われず長く愛用するとなると、
結局最後は、シンプルで飽きのこないものに落ち着く、ということってありませんか?
それは家も同じです。
家具やファブリックは、ちょっと大胆な色使いや形のものを使っても、
空間全体はシンプルにしておくと、たいていのものが馴染むものなんです。
ということは、自分の趣味が変わっても、住む人の代が変わってもいかようにもなるということ。
これはつまらないことではなくて、大金をかけて建てた家は長く愛用されなければならないからこそ、
とても重要なことなんです。
人生の中で最も大きな買いものであるにも関わらず、
今の欲求で考えてしまいがちなのも、また家なんですね。

塗り替えが可能な、ドライウォールの水性塗料仕上げなら、お好きな色にしてみるのはもちろんOK!
飽きたらまた白に戻せるメリットがあるからです。
簡単に変えられることは大いに楽しみ、躯体に絡むことでの遊びは控えめにすることで、
歳を重ねた自分がそこに立っていても、しっくりくるような空間にしておくことをお勧めします。
味付けは濃いほど飽きるものです。
「長く愉しむためにはどうしたらよいか?」
どうぞ、ご家族で家づくりは長い目で話し合ってみてくださいね。

技拓がつたえたい10のこと その6

2月の終わりには、オフィスの前のハクモクレンの巨木が、花を咲かせ始め
今日はすでの8分咲き。今年も立派に咲き春を告げ、あとわずかな期間の楽しみとなりました。
この一瞬の華やかさを毎年楽しみにされている方々が、ここ鎌倉山に訪れるのを知っています。
次に鎌倉山を賑やかにしてくれるのは、山を彩る山桜やさくら道のソメイヨシノとなります。

さて、10回にわたり「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。今回は、その6になります。

家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

技拓が伝えたいこと その6

6.家のメンテナンスは、施主が愛着をもって気にかけてあげることで変わります。まずは「家」を育てる気持ちをもつこと。建ったその日は、完成ではなく始まりです。建物の管理は男性の仕事です。家を育てる楽しみを見つけてみてください。

技拓の家だから、何十年後も趣きがあり価値あるヴィンテージハウスになるわけではありません。
お施主様おひとりおひとりの愛着と「家」を育てる気持ちが趣きとなり、
手をかけた分だけ価値に相当するということを知っておいてください。
家は、日ごろのちょっとしたメンテナンスを怠ると、あとになって大きなリスクを伴い大掛かりな工事になることもあります。
問題が小さなうちに手をかけることで、費用面も抑えられ家の質を保つことができます。
それは日常的に愛着を持って家と接することで、問題に素早く気付くことができるということです。
家の裏側にずっとまわっていなかった。ずっと入っていない部屋がある。
一度も開けていない窓がある。知っていたけれどついつい放置してしまった。
そんなことがないよう、家を子供のように気にかけてやってほしいのです。
あとは、暮らしを楽しむことでその人なりの味わいが家にも表れます。

通りを歩いていると、「可愛がられている家」とそうでない家はよくわかります。
子供やペットと同じです。モノにも魂があるということを言われるように、
家も可愛がられているかどうかは、趣きでわかるものなのです。
どうぞ、せっかく手に入れたマイホームですので、あなたらしく育てる楽しみを体感してくださいね。
家は必ずこたえてくれますよ。

技拓が伝えたい10のこと その5

昨日は春先のように温かく、今日はみぞれ交じりの雨。
大寒を過ぎ、立春まで徐々に三寒四温を繰り返しながら春へと向かい、
早くもスーパーには、フキノトウが出回るようになってきました。
暗いニュースが多い中、春を迎える準備が着々と進められているかと思うと、
少し気持ちが明るくなります。

さて、10回にわたり「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。
今回は、その5になります。

家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、
「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

技拓が伝えたいこと その5

「家づくり」を考えた時の季節やお子様の年齢にとらわれすぎないこと。
四季それぞれの楽しみ方があり、また子供も成長していきます。
「今」にとらわれすぎず、未来を見据えて計画しましょう。

よくあるケースですが、お子様の現在の年齢に対する懸念事項を主体に
家づくりの間取りを考えられたり、起こりうる問題点を想定したお悩みを
伺うことがあります。
しかし、構造として造り込んでしまうと、後々お子様が成長されたときに利用されなくなたっり、
邪魔になったりすることもありますので、わたしたちは経験上からの
お話をさせていただくことがあります。
簡易的なもので済む場合には、数年間の対策で対処するようお勧めすることもあります。
また、夏にご来社する方は夏対策を、冬にいらっしゃる方は冬対策を中心に
お考えになることが多いのですが、せっかく四季のある日本ですので、
暮らしの中での季節を意識した家づくりを考えていただきたいと願っています。

家というのは、自分たちの代で終わらず、次世代に引き継げる大切な資産です。
いつの時代にもどの世代にも、いい家だと感じていただくために、
四季を意識し、長く住み継げる空間構成を意識すると、
自分が30代で建てた家でも、70代の自分が似合う家になるのです。
それを私たちは、実際に長年お客様と共に見てきました。
40年前の自分が建てた家が、しっくりくる家。
素敵だと思いませんか?

技拓が伝えたい10のこと その4

2021年に入って早々に、またもやコロナ感染の拡大による緊急事態宣言が再発令
されてしまいましたね。世の中の混乱はまだまだ先が見えない状態。
そんなときほど、自分たちの暮らしを見つめなおし、家にいることがストレスにならないよう
考えていく機会かと感じてます。

さて、10回にわたり「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。
今回は、その4になります。

家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、
「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

技拓が伝えたいこと その4

4.普遍的な価値を大切にするために、家はあくまで「名わき役」に徹し、
住まい手が「主役」になることが重要です。空間づくりを大切にした家づくりをしましょう。
そぎ落としすぎず、過多にしすぎないバランスが大切です。

その時代の流行りを追い求めすぎると、いつしか建物は古さを感じてしまうもの。
実際に躯体自体が古くなくても、時代遅れを感じてしまう家を時々見かけます。
なので、家が主役になりすぎないことを、私たちはずっと選んできました。
あくまで「名わき役」に徹し、住まう手の好みを家具やファブリック、色などで
住まい方を楽しむことをお勧めしています。
要するに建物で造り込みすぎないこと。
3世代にわたって家が引き継がれていくことを目標にしているので、
いつの時代でも、どんな年齢にもしっくりと来るような建物であることを大切にしています。
それが普遍性という大きな価値であることを、わたしたちは知っているからです。
しかし、そこに技拓ならではのデザイン性もきちんと表現しておきたい。
それがそぎ落としすぎず、過多にしすぎない「バランス」という長年の経験とデザイン性と
考えていただけると嬉しいです。

プランを考えているときは、どうしてもアイデアややりたいことが盛りだくさんになりがち。
でも、これから10年、20年、40年先を考えて、本当に必要かと一度立ち止まって見てくださいね。
じっくりと考えていくことで、見えてくる暮らし方があるはずです。

技拓が伝えたい10のこと その3

師走に入り、冬らしい寒さになってまいりました。
ウールのコートが出番の今朝。
現場も寒い中、職人さんが頑張ってくれています。

さて、10回にわたり「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。
今回は、その3になります。

家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、
「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

技拓が伝えたいこと その3

3.木との対話。木は樹齢に等しくもつと言われています。フローリングやパネリングなど自然素材の
 特性を理解しつつ、無垢材の足ざわり、手ざわり、ぬくもり、そして経年変化を楽しみましょう。

無垢材は、何年経っても傷がついても味わいが出る素晴らしい素材です。
素足で無垢材のフローリングを歩くと、温かみを感じることをご存じでしょうか?
針葉樹は柔らかい代わりにより温かみがあり、広葉樹は固いので少し冷たく感じるかもしれませんが、
それでも木本来のぬくもりを感じられますので、お子様が小さなうちから木に触れさせてあげたいと、
わたしたちは考えます。
そして、時が経ち変化は劣化でなく趣へと移っていきます。
もし少しきれいにしたいと思うならば、サンディングで削れば、新しい面が現れます。
外壁のような外部であれば、高圧洗浄で洗ったりすると、
また新築の時とは違った新しい姿を見せてくれる良さがあります。
それが「木」という自然から恵んでもらった素材です。

しかし、木も生きています。
呼吸をします。
それぞれに、癖もあります。
冬は乾燥して縮みます。
夏は湿気を含んで膨らみます。

室内の環境によって、隙間が出たり反りが出たりもたまにあるでしょう。
でも、それは木が呼吸していることを意味しています。
そういう自然素材と共に暮らすことは、人間本来の暮らし方に取り入れてほしいと願っています。
子どものころに感じた感触は、忘れないといいます。
そしてまた大人になって、
そういうぬくもりを求めて次の子供たちへ伝えていく。
そんなことを味わって頂きたいので、
恐れることなく無垢材を使ってほしいというのが、技拓の想いです。

技拓が伝えたい10のこと その2

みなさま、こんにちは。
今週は、びっくりするような温かさで、過ごしやすいですね。

さて、前回より10回にわけて家づくりにおいて
「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。
家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、
「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

今日は、その2のご紹介です。

技拓が伝えたいこと その2

2.家と一緒に歳を重ねましょう。
 経年の変化を、劣化ではなく美しさと捉えるのが、技拓の家づくりです。
 環境と一緒に住まいを育てていきましょう。お手入れにより趣が増していきます。

日本の住宅は、建てたときが100%ということが多いのはなぜだと思いますか?
それは、新建材が多く家づくりに取り入れられているため、どうしても時が経つごとに
製品の劣化が色褪せや割れ剥がれなどと共に、家全体のムードを曇らせてしまうことが多いのです。
そのため、わたしたちは新建材が多用されだした高度成長期から、
無垢材を使うことにこだわってきました。
木というのは、年輪のごとくもつと言われることもあり、劣化というより味わいへと変化してくれる
素晴らしい自然素材です。もちろん自然素材ですから、腐ったり割れたりすることもあります。
しかし、きちんと早めにお手入れをすることで、それは一部補修したり交換しても、
またほどよい味わいを継続してくれます。
塗り壁は、手仕事による「ゆらぎ」を空間にもたらせてくれます。
そして、何度でも塗り替えが可能です。
気分を変えて色で変化を楽しむこともできます。
建具も巾木も、造作家具も現場塗装なのは、ゆらぎをもたらし、
塗り替えやリフレッシュが可能だからです。
そのようにしながら、家を一緒に育てていくつもりで、愛着をもって暮らしてもらいたい。

また、自然に寄り添う家づくりをコンセプトにしていますが、
土地の環境がすべてというわけではなりません。
環境は、1から作り出すことが可能だということを知っていただきたいと思っています。
写真のN邸は更地から、この環境を作り上げました。
建物も美しい環境(自然)と共にあって、美しいエイジングを果たしていきます。
住まう人と共に、美しく年を取る。
それがいつしか、その家らしさを醸し出すと思っています。

どうぞあなたのお家が、いつしか美しいヴィンテージハウスへと熟成しますように。。。
わたしたちは、そんな思いでみなさまにそっと寄り添っていきたいと思っています。

技拓が伝えたい10のこと その1

今日から、10回にわけて家づくりにおいて
「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。
家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、
「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

家を建てる場所の地域性や自分たちがどんな暮らしをしていきたいのか、
自分たちが十分楽しんだあと、次世代にとって価値があることや
自分たちにとっても資産価値があること。
無理をしすぎない資金計画の中で、最大公約数はなにか、
どんな土地に住むことが自分たちの暮らしにとって
重要なことなのかなど、わたしたちはお客様と共に話し合い、
それぞれの想いを形にしていくお手伝いをしています。
そのなかで、わたしたち技拓が伝えていきたいことをつづっていきます。

技拓がつたえたい10のこと 1

1 技拓は、100年後を見据えてた家づくりを目指しています。
いつの時代であっても流行に惑わされることなく、建物には普遍性をもたせましょう。
衛生設備器具などは、必要に応じて入れ替えていくことができます。

まず普遍性とは、流行に惑わされないデザインや間取りを大切にすること。
そして、その地域の気候にあった家づくりについてきちんと向き合うこと。
家というものは、あまり造りこまずシンプルであることが、長持ちにつながること。
ここをメインにすることで、
次世代また次の世代にも愛着を持ってもらえる家であることを目指します。
それが家族間で住み継がれるもよし、次の世代の他者に住み継がれるもよし、
年を重ねた分だけ味わいが増す、
技拓のキャッチコピー「時を経てさらに趣の出る家づくり」が、
わたしたちの理念となっています。

わたしたち技拓は、46年の家づくりの中で、常に「家とはなにか」に向き合ってきました。
いちばんに皆様の暮らしが豊かであり、毎日を至福な時間として過ごせること。
次に環境に溶け込むこと、街並みに溶け込むこと、
それには「木」という美しい素材を使いこなすことに終始してきました。
その時代時代でできる技術は常に向上させながら、技拓らしさを追い求めています。
家は名わき役であり、主役は住まい手です。
どんな暮らしを大切にしたいのかを、わたしたちと一緒に楽しく話し合っていきましょう。