NEWS

技拓が伝えたい10のこと その1

今日から、10回にわけて家づくりにおいて
「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。
家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、
「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

家を建てる場所の地域性や自分たちがどんな暮らしをしていきたいのか、
自分たちが十分楽しんだあと、次世代にとって価値があることや
自分たちにとっても資産価値があること。
無理をしすぎない資金計画の中で、最大公約数はなにか、
どんな土地に住むことが自分たちの暮らしにとって
重要なことなのかなど、わたしたちはお客様と共に話し合い、
それぞれの想いを形にしていくお手伝いをしています。
そのなかで、わたしたち技拓が伝えていきたいことをつづっていきます。

技拓がつたえたい10のこと 1

1 技拓は、100年後を見据えてた家づくりを目指しています。
いつの時代であっても流行に惑わされることなく、建物には普遍性をもたせましょう。
衛生設備器具などは、必要に応じて入れ替えていくことができます。

まず普遍性とは、流行に惑わされないデザインや間取りを大切にすること。
そして、その地域の気候にあった家づくりについてきちんと向き合うこと。
家というものは、あまり造りこまずシンプルであることが、長持ちにつながること。
ここをメインにすることで、
次世代また次の世代にも愛着を持ってもらえる家であることを目指します。
それが家族間で住み継がれるもよし、次の世代の他者に住み継がれるもよし、
年を重ねた分だけ味わいが増す、
技拓のキャッチコピー「時を経てさらに趣の出る家づくり」が、
わたしたちの理念となっています。

わたしたち技拓は、46年の家づくりの中で、常に「家とはなにか」に向き合ってきました。
いちばんに皆様の暮らしが豊かであり、毎日を至福な時間として過ごせること。
次に環境に溶け込むこと、街並みに溶け込むこと、
それには「木」という美しい素材を使いこなすことに終始してきました。
その時代時代でできる技術は常に向上させながら、技拓らしさを追い求めています。
家は名わき役であり、主役は住まい手です。
どんな暮らしを大切にしたいのかを、わたしたちと一緒に楽しく話し合っていきましょう。

新プロジェクト 「技拓のスケルトンハウス」 スタート!

ようやくコロナの自粛解除の次は、梅雨がつづきます。
雨が続き湿度の高い日が多い7月ですが、
関東は21日ごろが梅雨明けと予測されていますね。
そろそろ雨は終わってほしいなーという気持ちで、梅雨明けを待っています。

というのも、
鎌倉の由比ガ浜にあるエンジョイワークスさんと一緒に、
新しいプロジェクトのイベントが開催されるからです。

まずは、新しいプロジェクトの内容をご説明いたします!

同じ鎌倉にあるエンジョイワークスさんが、まちづくりの一環としている
「ヴィレッジ」という考え方に共感したことがきっかけとなり、
彼らのプロジェクトであるスケルトンハウスに、
「技拓スケルトン」も加わることになったのです!
技拓の理念である、「環境の創造である家づくり」と重なる考え方だと感じたからです。

技拓では、セミオーダーの「ちびスケ」の2プランの箱(躯体)をご提供し、
インフィルはお客様の自由に、というエンジョイワークスさんの取り組みに沿った
家づくりを実現させました。
   ※写真はイメージ(内容はちびスケプランです)
技拓の「10の考え方」を元にして、
ご自分の好きなようにインフィル(内部)を設計していく。
これは、エンジョイワークスさんとのコラボならではの家づくりですね。

技拓の家づくりの考え方をご提供しながら、
住まい手がご自身で構成を組み立てていく。
そうすることで、エンジョイワークスさんのコンセプトである
家づくりを体感し、ジブンゴト化していくことによって、
まちづくりに参加していくことに繋げていくのです。

さらには建物側から、街並みとしての起伏を持たせたら、
さらに素敵なまちづくりを実現できるのでは?
そんな思いで、切妻屋根の平屋プランをご提案させていただきました。

話は長くなってしまいましたが、この新プロジェクトを記念して
7/25(土)オンライン配信イベントを開催します!
※雨天の場合、一部内容を変更することもあります。

技拓のスケルトンハウス イベント vol.1
「湘南で豊かな暮らしを発見しよう。」

7/25(土) 10:30-12:30 オンライン配信 参加費:無料

お申し込みはコチラから↓

こちらのQRコードから情報を読み込んでいただき、エンジョイワークスさんへ
お問い合わせください。

なお、技拓のセミオーダー「ちびスケ」は、技拓にてそのまま注文を承っております。

技拓のプランでセミオーダー「ちびスケ」を建てるのか、
技拓の箱を自由にデザインする「スケルトンハウス」にするか、
選択肢が増えたと思っていただければと思います。
イベントは全2回を予定しておりますので、どうぞお楽しみに!

働き方改革します!

三寒四温なのか、冷たい雨が降るかと思えば、急に上着を脱ぎたくなるほどの暖かさ。
家の周りの木々も、着々と春の準備を進めています。
先週は、フキノトウもそこらじゅうで芽を出してきたので、
早速天ぷらや、オイル漬けなどにしてみました。

そう。もうすぐ春です。

弊社も4月から期が変わり、気持ちも新たになります!
実は、このたび新入社員が増えることとなりました。
そんな中、ご時節柄や若手女性の活躍も考え、会社は大きな選択で、
働き方改革を行うこととなりました。

ということで、定休日が変わります!

3/31まで 定休日 水曜日・祝日が定休日→ 4/1より 定休日 日曜日・祝日
また、隔週で月曜日をチーム別にお休みさせていただきます。

家づくり相談会については、定期的に日程を設けるのか、
常にお問い合わせにて対応していくのか、
もう少し検討いたします。
また、決まり次第告知いたします。

なぜ改革をすることになったのか。
それは、実は女性社員が2名増えることとなり、
仕事と家庭をバランスよく両立させたい、という要望がありました。
共働きはもはや当たり前の時代です。
女性のポテンシャルもスキルも高い時代です。

そして、「家づくり」はそもそも暮らしをトータルで考えご提供しています。
家というハードを売っているだけではないと思っています。
ということは、スタッフの暮らしもまた大切であり、実践が仕事にもつながります。
子供との時間や、地域との関りは、なにかと世間一般の休日である
「日曜・祝日」が重要なのです。

お客様には、一時的に混乱やご迷惑をおかけすることとなりますが、
その分、平日や土曜日でなるべくカバーしていけるよう努力するつもりでおりますので、
なにとぞ、ご理解いただければと存じます。

自分の住む地域との繋がりを大切に、
また家族や友人との時間を過ごすことで、
または家を中心とした町との関りを味わうことで、
自分の住む「まち」をもっともっと好きになってもらいたい。
これをお伝えするためにも、まずはスタッフ自身が暮らしを楽しむこと。
これに尽きるのではないかと、私は考えています。
正式にすべてが決定しましたら、NEWSにて告知いたしますね。

なにとぞ、ご理解頂ければ幸いです。

真鶴オリーブ園との出逢い

去年の夏ごろでしょうか。
長いお付き合いの方から、「ついに土地が見つかりました!これで私もようやく農家の仲間入りです」
というお電話がかかってきました。
長年、東京の根津で育て続けたオリーブの木々の移住先をみつけたのです。
場所は、真鶴。真鶴駅から5分という素晴らしい立地。
私がランドスケープや、アグリツーリズムの話を熱心に語っていたことを
覚えていてくださり、ワクワクする企画をもって、オフィスにいらしてくださいました。

もともとミカン畑だった2700坪の農地が、オリーブ園へと生まれ変わります。

前の持ち主が大切に育てたミカンも残しつつ、根津で20年育てられたオリーブや
新しく、クラウドファンディングにより植えられる苗木など
千年先を見つめての大プロジェクト。
オーナー曰く、「これは僕のサグラダファミリアですよ!」というように、
本当に壮大なプロジェクトの始まりです。


12月にはミカン狩りのお手伝いにも、行ってきました。

オリーブ園?ミカン狩り?農業?? 技拓はなにをするの?
お答えします!

わたしたちは、このオーナー(レザルク代表牛山氏)のオリーブ園の建屋を担当いたします。
そして、もちろん未来永劫この地でオリーブが育つように、
わたしたち技拓スタッフも、微力ながらも
できるかぎり長くお手伝いをしつつ、一緒に楽しみつつ、
真鶴という土地で愛されるオリーブ園に、成長してほしいと願っています。

年末は道路をつくり、一部伐根のために工事部もお手伝い。
5月には、受粉の時期に蜂の邪魔をしないよう、一度工事をストップして、秋までには
建屋を完成させたいと思い、今準備を進めているところです。
まだまだスタートラインに立とうとしている農園ですが、
真鶴オリーブ園のサイトがありますので、ぜひのぞいてみてください。
今後の成長を技拓のサイトでも、追いかけてレポートしていきますので、
こちらもお楽しみに。

イベント「山と海、暮らしと遊びの交差」

12月に入ってしまいましたが、
毎年恒例のイベントのご報告を、参加してくださった方々に
お礼も兼ねて、書かせていただきます。

今年で6回目となると思いますが、技拓でのイベントが11/30に
開催されました。
この晩秋の時期に、年に1度感謝の気持ちを込めまして開催しております。

今年は、新しい試みで鎌倉の「山側と海側、暮らしと遊びの交差」を
テーマに、七里ガ浜にショップのあるブルーホライゾンさんとテイラースティッチさん
とコラボレーションして、新しいお客様との交流の場となりました。
普段、山側に遊びにいらっしゃることない両ショップのお客様に
山側に遊びに来ていただき、技拓のお客様には海側のお店をご紹介する
という今回の試みは、鎌倉という地が暮らしや遊びの中で、常に
山と海を交差しながら生活する場であるということを
もっと楽しんで頂けたらと思ったからです。
来年1年間は、この「山と海、暮らしと遊びの交差」とテーマに
ここ鎌倉山でイベントをジョインしてみようと考えています。

今回スペシャルゲストに、ギタリストのカイ・ペティートさんを
お招きして、ミニライブを開催しました。

生音の美しい音色と彼の歌声は、皆様の心和ませてくれました。

お食事は、いつもご一緒させていただいているSONNYシェフ
今回は、テイラースティッチが誕生したサンフランシスコに因んで、
お料理もワインもカリフォルニアスタイルで。

今回お越し頂けなかったお客様にも、イベントの雰囲気を感じて
頂こうと、short movie を作成しました。
https://youtu.be/XNM0qRVxlaQ
どうぞ、ごらんください。

ヴィーガンスイーツの「しあわせのまめケーキ」の琴美さん
ペルシャ絨毯シャーロムさん
千葉県15号19号の台風被害支援商品をご提供くださった
旬菜里さんと酒巻農園さん
ドリップコーヒーを提供してくださった、ハワイアンドリップコーヒーさん

そして、今回の企画を一緒にしてくださった
ブルーホライゾンの出川三千男氏と、
テイラースティッチジャパンの水谷さんと平野さん
最後にイベントを盛り上げてくださったご来社の皆様。
大変すばらしいイベントとなりましたこと、心から感謝申し上げます。

技拓45周年のイベントとして素晴らしい収穫祭となりました。
ありがとうございました。

家を大好きになる

ここのところ、朝晩に寒さを感じるようになってきました。
11月半ばにもなると、年末に向けて、
ただでさえ仕事のほうは慌ただしさがでてきますが、
今年は、台風15号.19号の影響で職人さんも不足しており、
緊急性の高いものから順に復旧工事をしながらも、
新築工事や改装工事にまで影響がでてしまうほど、
足場屋さん、屋根屋さん、大工さんの手が不足しているのが現状です。
ただいま、お待ちのお客様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、
なにとぞ、ご理解を頂けましたらと存じます。

さて、2019年もあと1ヶ月半となりました。
最近、弊社で発行をしているマガジンの第四弾の取材が始まり、
お客様のところにお話をお伺いに出かけることが多くなっています。
そこで改めて感じることは、家というものは、やはり暮らしをしながら、
刻まれる記憶が増えてくるとともに、味わいが増すということを感じざるを得ません。
現場から家に、いわゆる「house」から「home」になるように
徐々にその家に住む人の想いや記憶が増えていくとともに、
愛されていればいるほど、結果それが「価値」として刻まれていくのだと。
資産価値というものの見方は、スペックで語られることが多い中、
数値やデータで可視化できない価値は、やはり家を育てた人の愛情に対しての
共感なのだと、お施主様にお会いするたびに感じるのです。

技拓のマガジン「住む人」は、来年の2月末から3月初旬に発行を予定しています。
来週で、弊社のお客様の撮影は終わり、特集の取材へと進んでいきます。
今回も大変興味深い内容になりそうで、発行が待ち遠しく感じます。
おかけが様で、VOL.3も在庫が残りわずかとなりました。

現在、都内の小さな書店での販売も継続しておりますが、
オンラインショップをメインに販売しております。

暮らしがベースにあってこそ、人生に深みが出るように、
家にも味わいがでてくるということを
体感していただけるような、本へと育ってほしいなと思っています。

台風に備えて

まだ前回の台風被害が復旧していないなか、また今週末に神奈川県沿岸に
またもや不安が走ります。
台風19号は予測もかなり驚異的な数値ということで、
お客様からも心配のご相談電話が入っております。

窓に関してのお問合せが一番多く、飛来物が当たりますと当然割れる可能性が
ありますが、築年数の古いものの一部を除いて、2重サッシの家がほとんどですので、
万が一外側が割れても、2枚すべて割れるということは、今まで経験がありません。
また、風圧で二重サッシが割れたという被害も受けておりません。
近年の気象変動に対して、わたくしどもも絶対に大丈夫とは言い切れませんが、
まずは、家の周りにある飛びそうなものをすべて片付け、自宅や近隣に被害がでないよう
金曜日までに作業をお願いいたします。

お電話いただいた方によると、
前回の経験を踏まえて、停電・断水等の恐れがありそうですので、
飲料水の準備をしようとしたら、すでにスーパーでは売り切れが続出しているという
お声もありました。
今回の予測数値をみますと、海岸線沿線や山側での停電・断水は十分に考えられますので、
早めのご準備を心がけてください。
お風呂に水をためておくことや、水道水では気になるという方は、沸騰させれば
特に飲料水として問題ないと思いますので、鍋などにためておく。
卓上コンロとカセットガスボンベや、懐中電灯などの備えをするなどの対策を
されてください。

また、大事なのは、小窓やトップライトのロックの閉め忘れがないかご確認ください。

台風が去りましたら、外周の点検、植物や窓の潮を水で流すなどの作業を
行ってください。

台風が接近してからの作業は、大変危険ですので、
なるべく早めの対策を心がけて頂ければと思います。
被害が最小限に抑えられますことを、祈っています。

台風被害について

お客様へ

台風15号の影響により、多くの被害が出ました。
いまだ、停電の復旧もできていない地域もあるとかで、今日は特に暑い
1日だったこともあり、ご苦労をされた方も多かったのではないでしょうか。
心よりお見舞い申し上げます。


幸いにして弊社では、事前準備もしっかりしていたこともあり、
また事務所があります近辺は特に目立つような被害は見受けられませんでしたが、
海側は被害も多かったようで、技拓も朝からお客様の対応にあたっております。
木製のフェンス等を使います技拓の建物は、今回の暴風雨により
被害が出ている旨をご報告いただいております。

工事担当者が、順次被害に遭われましたお客様宅を回って応急処置等を施しております。
屋根関係の被害に関しまして、職人さんの手が足りていない状況とのこと。
ことの緊急性に合わせて対処させていただいておりますので、お待ちのお客様は
いましばらくご辛抱いただければと思います。

また、被害に遭われなかったお客様へのアドヴァイスとしては、
サッシや植物につきました塩分を、洗い流す作業をお勧めしております。
サッシや網戸の錆びや植物は潮焼けの恐れがありますので、是非早めにお願いいたします。

また、2次被害の原因にもなりますので、いまいちどフェンスなどのぐらつきや破損個所の
有無について、家の周りを点検ください。
なにかありましたら、すぐにご連絡を頂ければと思います。

今日は、いたるところで道路が通行止めや渋滞となり、土砂崩れや倒木の被害が広がっているよう。
まだ電気の回復されていない地域の方は、熱中症など十分にお気を付けください。

引き続き、対応してまいりますので、何かありましたらご相談くださいませ。

家の本当の価値を知ろう。

GITAKUが創業して、45年を迎えようとしています。
私たちが手がけた家は、延べ800戸近くになろうとしています。
大手メーカーなどと比べてしまえば、吹けば飛ぶような数ですが、湘南エリアや鎌倉・逗子・葉山、ときどき都内にも、私たちの建てた少し目に留まる佇まいの家が、街並みの一部としてあることに小さな幸せを感じます。

「長持ちさせる家づくり」を創業時に掲げた目標も、次期に折り返しの頃を迎えます。
それはつまり、家のバトンを次の世代に渡す頃が近づいているという証しでもあり、新しい価値観をもった世代の皆さんと出会う時期に差しかかったことも意味しています。

そんな折り、エンジョイワークスさん(湘南エリアで不動産業・建築業を営む会社 以下:EW)主催で「技拓の家の価値について考える会」というイベントが開催されました。今回は3名の施主様をお招きしつつ、技拓は聞き手に回りEWさんが会を進める、少し新しい形をとりました。内外の声を交えて、現在技拓が掲げている、「三世代100年を住み継ぐ家づくり」は正しかったのか、変わらない価値とは具体的になにか、私たちも改めて考えを深めているところです。

お招きした施主さんは、
Oさん:東京から生まれ育った鎌倉に戻り50代半ばで築25年の中古物件を購入。
Mさん:愛知から転勤で上京後、35歳で1棟目を新築。2棟目を新築し9年。
Hさん:東京から鎌倉に移り住み60歳目前で新築し8年。
技拓と出会った背景も、購入や新築に至った動機、その後の生活も様々です。

Oさんは東京で暮らし、50代半ばに生まれ育った鎌倉へ戻ります。海側エリアで物件を探していたものの、出会ったのは「結構酷い状態でした」と振り返る、山側エリアに建つ技拓の中古物件でした。大手ハウスメーカーが手がける海沿いの優良物件も候補にあがったものの、技拓の中古を買う決意をしたそうです。

Mさんは通っていた歯医者さんが技拓で家を建てたことも背中を押して、転勤で上京して7年が過ぎた35歳の春、思い切って新築。その前はアパート暮らしだったのだそう。ちなみにMさんはその10年後、最初の家を売却し2棟目を新築します。当初の家は外観に木を張れない準防火地区だったため、近所で木張りできるエリアに土地をみつけてのことでした。

Hさんは自然を求めて、鎌倉へ移り住みます。街で見かけた技拓の家に一目惚れして「買うつもりはないけど」と見学へ。そこで初めて、どうしても建てたいとの思いにかられ、年齢や一人暮らしを顧慮しながら無理のない範囲で考え、コンパクトな一軒家を建てることに。

実際にそこで、どんな暮らしが営まれているのかは、枚挙にいとまがなく書ききれませんが…。

「家は建てたその日からが、始まりです」とは、会長の和正の言葉。
家はあくまで最良の箱であり、その内側で育まれる日々は、住む人の想いや考えの自由に委ねられる。そう込められた想いを、皆様が自分の姿に合わせて解釈し楽しく暮らしている様子に、ほっとするような感覚を覚えます。

私たちにできることは、変わらない価値を見据え、優れた木材と工法、普遍的な空間設計を基に、メンテナンスを怠らなければ、それぞれの世代で自由に空間を使って100年を建て替えなく住み継ぐことができる家を建てることです。そして永い目で、施主さんと住まいのお手伝いをすること。

Oさんが購入された物件のように、前オーナーさんがあまり愛情を持てず、荒んでしまう家ももちろんあるのですが、そこにもう一度、息吹を吹き込んむのも住む人なのです。「変わらない価値」というのは、そうして実際に大切に住んでくださる皆さんによって育まれたものであり、結果として外側から頂いた評価なのかもしれません。

さて、その「価値」を最も分かりやすく意識できるのは、少し節操がないように聞こえるかもしれませんが、購入時の金額と、売却を検討した時の査定額となるのかもしれません。
今回、その評価の視点や仕組みを教えてくれたのがEWさんです。これまでも私たちの考えに賛同し、多くの技拓中古の仲介を手がけてきたEW さんを、お招きし施主さんの住まいを現状査定し、そこからヴィンテージの価値について、様々な視点で考えを深めていきました。

Oさんのように、セカンドオーナーさんがさらに売却となっても、やはり変わらない価値が付されること、Hさんのようにコンパクトな住まいでも、やはり同様です。これまでも技拓の中古は、駅からも離れていても、崖地など土地評価の低い場所に立つ物件でも皆さんが愛情深く住んでくださることで、ヴィンテージハウスとして高い査定を得てきました。

古い=安い という考え方ではなく、古くてもヴィンテージとして適切な価値がつくこと。これは、家が生涯で最大の買い物だからこそ、実はとても大切なことなのです。時代は大きく変わり、働けども若い世代のお給料が上がらない時代、家を買うことで背負う不安は大きくなっています。それはやはり、高い買い物をしても価値が残らないから。どうやってお金を返すのか、万が一の時に自分たちの生活はどうなってしまうのか、そういった不安を解消しながら、これからの世代にも技拓の家のバトンを繋いでいけたら、ビルダーとしてこれほど幸せことはありません。

新築でも、中古でも、私たちの家を選んでくださるみなさんと一緒に、これからの時代も歩んでいけますように。
このイベントも、少しずつ拡大していけたらと、思っています。

技拓

3/30.31は鎌倉山さくら道フェスティバル

今年も、フェスティバルの季節がやってきました。
今年は、3/30(土)・3/31(日)です。
10:00~日没まで

鎌倉山さくら道の店舗や工房が一緒になって、フェスティバルを開催するようになって、
何年目でしょうか。かれこれ5年くらいでしょうか。
今でもゆるーく連携しながら、各々のスペースで販売やワークショップなどを
開催しています。
桜の開花予想では、今年のフェスティバルには鎌倉山も桜が楽しめそう。
去年が散ってしまったので、今年は頑張ってほしいですね。

ということで、技拓のイベント紹介です。
毎年恒例となりつつある、イベント内容となりますが、
それは、好評だからなんですね。

Na Harvest さん 
3/31(日)のみの開催
長野県中野市の新鮮なお野菜などを販売してくれます
場所は、いつも通り技拓の駐車場にて

ペルシャ絨毯専門店 シャーロム
3/30.31両日の開催
キリム・ギャッペを中心に、お手頃価格でご提供くださいます。
オフィス内にて販売

jojo.
3/30.31両日の開催
リネンウェアや小物の販売。彼女のセンスが光ります。
オフィス内にて販売


3/30.31両日の開催
マクラメを中心に自然素材を使った雑貨の販売。
オフィス内にて販売

癒しの中島
3/30.31両日の開催
骨格矯正の体験を10分500円にて!
去年はずっとお客さんが絶えず体験されていました。

その他、各店舗の情報、イベントスケジュールはこちらをご覧ください。
お隣の時蔵工房前では、スタンプラリーも開催しております。
※各店舗をまわってスタンプを3つ集めると、素敵なプレゼントが当たるくじ引きができます。

今年も是非、遊びにいらしてください。
駐車場はありません。大変お手数ですが、公共交通機関をご利用くださいませ。