NEWS

技拓が伝えたい10のこと その3

師走に入り、冬らしい寒さになってまいりました。
ウールのコートが出番の今朝。
現場も寒い中、職人さんが頑張ってくれています。

さて、10回にわたり「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。
今回は、その3になります。

家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、
「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

技拓が伝えたいこと その3

3.木との対話。木は樹齢に等しくもつと言われています。フローリングやパネリングなど自然素材の
 特性を理解しつつ、無垢材の足ざわり、手ざわり、ぬくもり、そして経年変化を楽しみましょう。

無垢材は、何年経っても傷がついても味わいが出る素晴らしい素材です。
素足で無垢材のフローリングを歩くと、温かみを感じることをご存じでしょうか?
針葉樹は柔らかい代わりにより温かみがあり、広葉樹は固いので少し冷たく感じるかもしれませんが、
それでも木本来のぬくもりを感じられますので、お子様が小さなうちから木に触れさせてあげたいと、
わたしたちは考えます。
そして、時が経ち変化は劣化でなく趣へと移っていきます。
もし少しきれいにしたいと思うならば、サンディングで削れば、新しい面が現れます。
外壁のような外部であれば、高圧洗浄で洗ったりすると、
また新築の時とは違った新しい姿を見せてくれる良さがあります。
それが「木」という自然から恵んでもらった素材です。

しかし、木も生きています。
呼吸をします。
それぞれに、癖もあります。
冬は乾燥して縮みます。
夏は湿気を含んで膨らみます。

室内の環境によって、隙間が出たり反りが出たりもたまにあるでしょう。
でも、それは木が呼吸していることを意味しています。
そういう自然素材と共に暮らすことは、人間本来の暮らし方に取り入れてほしいと願っています。
子どものころに感じた感触は、忘れないといいます。
そしてまた大人になって、
そういうぬくもりを求めて次の子供たちへ伝えていく。
そんなことを味わって頂きたいので、
恐れることなく無垢材を使ってほしいというのが、技拓の想いです。

技拓が伝えたい10のこと その2

みなさま、こんにちは。
今週は、びっくりするような温かさで、過ごしやすいですね。

さて、前回より10回にわけて家づくりにおいて
「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。
家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、
「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

今日は、その2のご紹介です。

技拓が伝えたいこと その2

2.家と一緒に歳を重ねましょう。
 経年の変化を、劣化ではなく美しさと捉えるのが、技拓の家づくりです。
 環境と一緒に住まいを育てていきましょう。お手入れにより趣が増していきます。

日本の住宅は、建てたときが100%ということが多いのはなぜだと思いますか?
それは、新建材が多く家づくりに取り入れられているため、どうしても時が経つごとに
製品の劣化が色褪せや割れ剥がれなどと共に、家全体のムードを曇らせてしまうことが多いのです。
そのため、わたしたちは新建材が多用されだした高度成長期から、
無垢材を使うことにこだわってきました。
木というのは、年輪のごとくもつと言われることもあり、劣化というより味わいへと変化してくれる
素晴らしい自然素材です。もちろん自然素材ですから、腐ったり割れたりすることもあります。
しかし、きちんと早めにお手入れをすることで、それは一部補修したり交換しても、
またほどよい味わいを継続してくれます。
塗り壁は、手仕事による「ゆらぎ」を空間にもたらせてくれます。
そして、何度でも塗り替えが可能です。
気分を変えて色で変化を楽しむこともできます。
建具も巾木も、造作家具も現場塗装なのは、ゆらぎをもたらし、
塗り替えやリフレッシュが可能だからです。
そのようにしながら、家を一緒に育てていくつもりで、愛着をもって暮らしてもらいたい。

また、自然に寄り添う家づくりをコンセプトにしていますが、
土地の環境がすべてというわけではなりません。
環境は、1から作り出すことが可能だということを知っていただきたいと思っています。
写真のN邸は更地から、この環境を作り上げました。
建物も美しい環境(自然)と共にあって、美しいエイジングを果たしていきます。
住まう人と共に、美しく年を取る。
それがいつしか、その家らしさを醸し出すと思っています。

どうぞあなたのお家が、いつしか美しいヴィンテージハウスへと熟成しますように。。。
わたしたちは、そんな思いでみなさまにそっと寄り添っていきたいと思っています。

技拓が伝えたい10のこと その1

今日から、10回にわけて家づくりにおいて
「技拓が伝えたい10のこと」を紹介して参ります。
家というのは、長い間家族が暮らすための大きな買い物です。
ということは、
「家を買うのではなく、暮らしを買うということ」とわたしたちは考えています。
だからこそ未来も、見据えて考えてほしいことがあります。

家を建てる場所の地域性や自分たちがどんな暮らしをしていきたいのか、
自分たちが十分楽しんだあと、次世代にとって価値があることや
自分たちにとっても資産価値があること。
無理をしすぎない資金計画の中で、最大公約数はなにか、
どんな土地に住むことが自分たちの暮らしにとって
重要なことなのかなど、わたしたちはお客様と共に話し合い、
それぞれの想いを形にしていくお手伝いをしています。
そのなかで、わたしたち技拓が伝えていきたいことをつづっていきます。

技拓がつたえたい10のこと 1

1 技拓は、100年後を見据えてた家づくりを目指しています。
いつの時代であっても流行に惑わされることなく、建物には普遍性をもたせましょう。
衛生設備器具などは、必要に応じて入れ替えていくことができます。

まず普遍性とは、流行に惑わされないデザインや間取りを大切にすること。
そして、その地域の気候にあった家づくりについてきちんと向き合うこと。
家というものは、あまり造りこまずシンプルであることが、長持ちにつながること。
ここをメインにすることで、
次世代また次の世代にも愛着を持ってもらえる家であることを目指します。
それが家族間で住み継がれるもよし、次の世代の他者に住み継がれるもよし、
年を重ねた分だけ味わいが増す、
技拓のキャッチコピー「時を経てさらに趣の出る家づくり」が、
わたしたちの理念となっています。

わたしたち技拓は、46年の家づくりの中で、常に「家とはなにか」に向き合ってきました。
いちばんに皆様の暮らしが豊かであり、毎日を至福な時間として過ごせること。
次に環境に溶け込むこと、街並みに溶け込むこと、
それには「木」という美しい素材を使いこなすことに終始してきました。
その時代時代でできる技術は常に向上させながら、技拓らしさを追い求めています。
家は名わき役であり、主役は住まい手です。
どんな暮らしを大切にしたいのかを、わたしたちと一緒に楽しく話し合っていきましょう。

新プロジェクト 「技拓のスケルトンハウス」 スタート!

ようやくコロナの自粛解除の次は、梅雨がつづきます。
雨が続き湿度の高い日が多い7月ですが、
関東は21日ごろが梅雨明けと予測されていますね。
そろそろ雨は終わってほしいなーという気持ちで、梅雨明けを待っています。

というのも、
鎌倉の由比ガ浜にあるエンジョイワークスさんと一緒に、
新しいプロジェクトのイベントが開催されるからです。

まずは、新しいプロジェクトの内容をご説明いたします!

同じ鎌倉にあるエンジョイワークスさんが、まちづくりの一環としている
「ヴィレッジ」という考え方に共感したことがきっかけとなり、
彼らのプロジェクトであるスケルトンハウスに、
「技拓スケルトン」も加わることになったのです!
技拓の理念である、「環境の創造である家づくり」と重なる考え方だと感じたからです。

技拓では、セミオーダーの「ちびスケ」の2プランの箱(躯体)をご提供し、
インフィルはお客様の自由に、というエンジョイワークスさんの取り組みに沿った
家づくりを実現させました。
   ※写真はイメージ(内容はちびスケプランです)
技拓の「10の考え方」を元にして、
ご自分の好きなようにインフィル(内部)を設計していく。
これは、エンジョイワークスさんとのコラボならではの家づくりですね。

技拓の家づくりの考え方をご提供しながら、
住まい手がご自身で構成を組み立てていく。
そうすることで、エンジョイワークスさんのコンセプトである
家づくりを体感し、ジブンゴト化していくことによって、
まちづくりに参加していくことに繋げていくのです。

さらには建物側から、街並みとしての起伏を持たせたら、
さらに素敵なまちづくりを実現できるのでは?
そんな思いで、切妻屋根の平屋プランをご提案させていただきました。

話は長くなってしまいましたが、この新プロジェクトを記念して
7/25(土)オンライン配信イベントを開催します!
※雨天の場合、一部内容を変更することもあります。

技拓のスケルトンハウス イベント vol.1
「湘南で豊かな暮らしを発見しよう。」

7/25(土) 10:30-12:30 オンライン配信 参加費:無料

お申し込みはコチラから↓

こちらのQRコードから情報を読み込んでいただき、エンジョイワークスさんへ
お問い合わせください。

なお、技拓のセミオーダー「ちびスケ」は、技拓にてそのまま注文を承っております。

技拓のプランでセミオーダー「ちびスケ」を建てるのか、
技拓の箱を自由にデザインする「スケルトンハウス」にするか、
選択肢が増えたと思っていただければと思います。
イベントは全2回を予定しておりますので、どうぞお楽しみに!

家をいかに楽しむか

世界中が大変なことになってしまいました。
日本は、法律上の問題もあり、ロックダウンはできませんので、
各々の意識により自粛要請に応じるしかない状態です。
フランスでは、さらに5/11までロックダウンが決まったそうですが、
友人も80%の給料が振り込まれているとのことで、ある意味安心して
外出禁止に徹していると言っていました。
料理好きの彼は、自家製ウースターソースを作ったり、保存食を作ったりと
いかにお籠り生活を楽しむかを、実践していることに感心します。

一方、日本はいろいろな対策が遅れていることもあり、個人事業主が悲鳴をあげている。
そんななかでも、鎌倉は早くから市内の人たちでSNS上でつながり
情報共有をしたりと、動きが早かったです。
各自治体によって動きがちがうようですね。
さて、今日は
国や自治体の対策については、少しおいておきます。

家に、こどもも旦那さんも長くいる状態は、非日常すぎて受け入れられない方も多いでしょう。
女性にとっては、朝から家事に追われる日々。
ましてや共働きでリモートワークとなると、大変なことと思います。
また、ご主人が一日中ネット会議をされている人もいれば、
自宅待機でも、職種柄お仕事もできない状態の場合も。
家の中で、ピリピリとしたムードになってしまうこともあるようです。

ただし、今回ばかりは、今の我々の行動に掛かった、未来のための選択です。
今を乗り切るためには、どうしても外出を控える他ありません。
そこで、私はどのみち自粛状態が変わらないのであれば、
自分の心持を変えることに専念すべきかと思っています。
我々は思考を変えるだけで、見え方も変わってくる生き物です。
ならば、この長いお休みを利用して、
じっくり自分自身や家族と話し合う場にしていきたいもの。

この時期に、ご主人も手伝って大掃除をされている方もいると聞きました。
それもとてもいいことです。
なぜならば、家の中がすっきりしてくると、余白が生まれます。
スペースにゆとりができると、心が穏やかになります。
モノに埋もれていた生活を改めるだけで、見え方も変わっていきます。
パーソナルスペースが守られれば、相手に対して優しさが生まれます。
人は、やはり動物なのです。
パーソナルスペースが侵され続けた空間では
長く過ごすことができなくなってしまうのでしょう。
だから、知らず知らずのうちに休みは自然と外に遊びに行っていたという方も、
実はいるのではないでしょうか。

家の大きさに合ったモノの量。
これはとてもとても大切なことなのです。
「もったいない。まだ使える」そんな気持ちで、捨てられないものがたくさんあったとしても、
実は、自分たちの大切な「心のゆとり」と引き換えにしていることが多いのです。
子供が小さいうちは、もちろん物も増えます。
仕方のないことでもあるかと思います。
それでも、あともう少しだけ減らすものはないか?
どうしたら、楽しく快適に暮らせるか。
この時期に、家族で話し合ってみてはいかがでしょうか?

せっかく家族がこんなにも長く一緒に過ごせる稀な出来事です。
ネガティブな情報ばかりに目を向けず、時には情報をシャットダウンする時間を作り
家族がいかに快適に過ごせるかを、みなさんで提案してみてください。
付箋を使って、家族みんなでアイデアを出してみると、
子供たちもゲーム感覚で楽しくなりますよ!

技拓にできること、技拓だからできること

さて、雨の4月1日。
わが社も新しい期に入りました。
ここ鎌倉山もとても静かに、桜の満開を迎えています。

世界中で、今混乱が起きています。
私はすっかり、IT化が世界を変えるのだと思っていましたが、今回のコロナ感染によって
世の中全体が大きく揺さぶられ、私たちは気づかされてしまいました。
今までの在り方が、本当に正しかったのだろうか?と。

多分、この先に大きな時代の変化のために、たくさんの犠牲もでるやもしれない。
そんな不安も誰もが抱えている今。
そう、今だからこそ、これからの生き方、もっとラフにいえばライフスタイルを
見直すいい機会ともいえるのではないでしょうか?

働き方改革といわれて久しいですが、なかなか中小零細企業では1歩を踏み出せずにいたり、
個人商店もしかり。
でも、今回のコロナによって、社会の仕組みがどれだけもろく、いろいろなことに
依存状態だったことに気づかされたように思います。
これから収束するまでに、長いスパンでとらえていかなければならないとも言われている中で、
自分たちの仕事や暮らしをどう考えて、乗り越えていくのか。
今は、踏ん張りながら頭をフル回転させるべき時だと、痛感しています。

そして、私自身今いろいろな人とのリモートによる対話で、多くの気づきを得てもいます。
今こそ、コミュニケーションを円滑に行い、小さな地域ごとの仕組みに移行するための
荒行のよう。
一度膨張しすぎたグローバル化が、一度急激なドメスティックへ向かい、そしてまた
ふたたび新しいグローバルシステムの在り方になるのだろうなと。

収束はいつになるのか未知の世界ですが、地域ごとに業種ごとにどうあるべきか、
自分たちの暮らしにとって、本当に大切なことはなんなのか。
人生の喜びはそもそもなんだったのか。
恐怖と不安で、どうぞ思考停止しないよう、フル回転で頭を働かせて考えていけるよう、
我々も暮らしの在り方について、発信できるように努めていきたいと思います。

もはやただ家という箱を作る時代、上っ面のライフスタイルを謳った家づくりの時代は、
終わったようです。
我々一人一人が、どう生きたいのか?どんな暮らしをしたいのか?
それをサポートすることが私たちにできること。
そこに、経験と文化を織り交ぜて、お手伝いさせていただくことが、
技拓の役目と考えています。
皆様のお役に立てますよう、頑張って参りたいと思います。

薬膳をもっと身近に

少し前のことになってしまいました。

お施主様が、「かんたん薬膳講座」という講座を開かれたので、
わたしも参加してきました。
今回参加させていただいたのは、第一回目の「薬膳茶と薬膳スイーツの会」です。

もともと、お友達が薬膳料理家でもあったので、薬膳が大変身近なものであるということは
知っていましたが、きちんと自分がどのタイプなのか、タイプに合う食材はどんなものなのか、
そういった知識はもっていなかったので、とても楽しく講義を受けることができました。

中医学では、自分の体の中の状態を「気(キ)・血(ケツ)・水(スイ)」に、
体質を分けることができるのだそう。
今回は、それぞれの不調に効く素材などを勉強しながら、八宝茶と薬膳おこしをいただきました。
お肌に潤いを与えてくれる白きくらげの入った八宝茶、とてもおいしかったです。
 

実際に簡単チェックをしてみると、自分の予想とは違うタイプであったりして、
自分自身のことってわかっているようで、知らないんですね。
いい機会になりました。
あと、面白いことを聞きました。
くるみやブロッコリー、カリフラワーなど、形が脳に似ている食物は、
健脳効果があるっていうお話しや、
ゴマやきくらげのように、白と黒では効果が違うこと。
炒ったものと炒ってないものでも効果が違うこと。
クコの実は、食べる目薬といわれるほど、即効性があるなど、
1時間の中でたくさんのことを教えていただきました。

いろいろと今、大変な時期。不安もあるニュースが増えていますが、
やはり自己免疫をあげて、健康に過ごすためには、自分自身の管理が大切ですね。
毎日、きちんとした食事と睡眠と、適度の運動、そして笑顔で乗り切りましょう!

働き方改革します!

三寒四温なのか、冷たい雨が降るかと思えば、急に上着を脱ぎたくなるほどの暖かさ。
家の周りの木々も、着々と春の準備を進めています。
先週は、フキノトウもそこらじゅうで芽を出してきたので、
早速天ぷらや、オイル漬けなどにしてみました。

そう。もうすぐ春です。

弊社も4月から期が変わり、気持ちも新たになります!
実は、このたび新入社員が増えることとなりました。
そんな中、ご時節柄や若手女性の活躍も考え、会社は大きな選択で、
働き方改革を行うこととなりました。

ということで、定休日が変わります!

3/31まで 定休日 水曜日・祝日が定休日→ 4/1より 定休日 日曜日・祝日
また、隔週で月曜日をチーム別にお休みさせていただきます。

家づくり相談会については、定期的に日程を設けるのか、
常にお問い合わせにて対応していくのか、
もう少し検討いたします。
また、決まり次第告知いたします。

なぜ改革をすることになったのか。
それは、実は女性社員が2名増えることとなり、
仕事と家庭をバランスよく両立させたい、という要望がありました。
共働きはもはや当たり前の時代です。
女性のポテンシャルもスキルも高い時代です。

そして、「家づくり」はそもそも暮らしをトータルで考えご提供しています。
家というハードを売っているだけではないと思っています。
ということは、スタッフの暮らしもまた大切であり、実践が仕事にもつながります。
子供との時間や、地域との関りは、なにかと世間一般の休日である
「日曜・祝日」が重要なのです。

お客様には、一時的に混乱やご迷惑をおかけすることとなりますが、
その分、平日や土曜日でなるべくカバーしていけるよう努力するつもりでおりますので、
なにとぞ、ご理解いただければと存じます。

自分の住む地域との繋がりを大切に、
また家族や友人との時間を過ごすことで、
または家を中心とした町との関りを味わうことで、
自分の住む「まち」をもっともっと好きになってもらいたい。
これをお伝えするためにも、まずはスタッフ自身が暮らしを楽しむこと。
これに尽きるのではないかと、私は考えています。
正式にすべてが決定しましたら、NEWSにて告知いたしますね。

なにとぞ、ご理解頂ければ幸いです。

家づくりは、俯瞰の心

家づくりのお打ち合わせをしていると、奥様からでるご要望。
それは、小さなお子様がいらっしゃる方に多いのが、
「家事をしながら、目の届くところで遊んでいてもらいたい」というもの。
ある意味女性として、当然のご要望かとおもいます。
雑誌などでも、子供を中心にした家のプランなども多く記載されています。
また、よく耳にするのが、子供の成長においての家づくりの考え方。
「頭がよくなる家づくり」「子供の心が育つ家づくり」「子供の才能は間取りが決める」
などなど、子供を中心としたタイトル本を見かけるので、多くの方の
関心ごとなのだと思います。

あえて言いますが、その時期は長い暮らしの中では、ほんのわずかな時期です。
本当に、家事をしながら目が行き届くことが、最大重要課題でしょうか?
要望が間違っているということでは、もちろんありません。
全体を俯瞰した見方をして考えているかどうか、ということ。
家づくりには、そういったものの見方が一つひとつ大切になります。

これからの時代、働き方改革も広がり、在宅勤務者も増えていくなど、
時代は、常に変わるのです。
そのためには余白要素は常に重要だと思うのです。

家は人とともに成長していきます。
家族というものは、長時間を家の中で過ごすことで
ついつい「過干渉」にもなりがちな環境が温存していますが、
過干渉は、夫婦であっても親子でであっても
何かしらのストレスを与えるもの。
逆に「個」が強調されすぎると、家というよりただの個室の集合体となってしまう。
小さなお子様のためと思って考えたプランが、将来的に「干渉」になるか「感じる」になるか。
それには「今」この時期だけに目を向けず、長い年月を過ごすであろう家の在り方を
俯瞰して考えるのは、プランを決定する際とても大切なことなのです。
空間のプランは簡単そうで、やはりプロの創り出す導線や間取りには絶妙なバランスがあるもの。
技拓では、設計者も営業も長い経験から、お客様へ判断について意見を申し上げることもあります。
それは長い目で見たときに、家族にとって、家にとって必要か否かを真剣に考えるからです。

家族が、それぞれの場所にいてもなんとなく「気配を感じる」距離感。
それでいて、「干渉」しすぎない余白の空間構成。
たとえば、さりげなく感じる程度の、
「お風呂場の気配」 「料理をする音」 「書斎から感じる動き」 
「寝室での気配」 「リビングで遊ぶ声」
かならずしも、すべてが可視できる必要があるか否か。

子供に手がかかる時期は、ほんの数年です。
しかし家の寿命は、先が長い。
自分たちの最期を過ごす場所でもあるかもしれないし、
また子供たちの家族やセカンドオーナーが引き継ぐかもしれない。
それを3世代繰り返していけるように、技拓の家は考えたい。
一時的に、注意すべき時期の子供がいる場合、作りこむ空間でなく、撤去できるもので
その場を「しのぐ」のも大切な方法のひとつです。
「今」だけを見つめない、俯瞰の心に重きをおく。
これは、家づくりにおいて大切な役割でもあるのです。

真鶴オリーブ園との出逢い

去年の夏ごろでしょうか。
長いお付き合いの方から、「ついに土地が見つかりました!これで私もようやく農家の仲間入りです」
というお電話がかかってきました。
長年、東京の根津で育て続けたオリーブの木々の移住先をみつけたのです。
場所は、真鶴。真鶴駅から5分という素晴らしい立地。
私がランドスケープや、アグリツーリズムの話を熱心に語っていたことを
覚えていてくださり、ワクワクする企画をもって、オフィスにいらしてくださいました。

もともとミカン畑だった2700坪の農地が、オリーブ園へと生まれ変わります。

前の持ち主が大切に育てたミカンも残しつつ、根津で20年育てられたオリーブや
新しく、クラウドファンディングにより植えられる苗木など
千年先を見つめての大プロジェクト。
オーナー曰く、「これは僕のサグラダファミリアですよ!」というように、
本当に壮大なプロジェクトの始まりです。


12月にはミカン狩りのお手伝いにも、行ってきました。

オリーブ園?ミカン狩り?農業?? 技拓はなにをするの?
お答えします!

わたしたちは、このオーナー(レザルク代表牛山氏)のオリーブ園の建屋を担当いたします。
そして、もちろん未来永劫この地でオリーブが育つように、
わたしたち技拓スタッフも、微力ながらも
できるかぎり長くお手伝いをしつつ、一緒に楽しみつつ、
真鶴という土地で愛されるオリーブ園に、成長してほしいと願っています。

年末は道路をつくり、一部伐根のために工事部もお手伝い。
5月には、受粉の時期に蜂の邪魔をしないよう、一度工事をストップして、秋までには
建屋を完成させたいと思い、今準備を進めているところです。
まだまだスタートラインに立とうとしている農園ですが、
真鶴オリーブ園のサイトがありますので、ぜひのぞいてみてください。
今後の成長を技拓のサイトでも、追いかけてレポートしていきますので、
こちらもお楽しみに。