NEWS

絨毯を考える

無くても生活はできる。

けれど、室内にプラスされると、周りの家具も室内もグレードアップされる。それが絨毯の魅力。

 

今回、お客様からの依頼もあって、鎌倉にあるシャーロムさんからご提案いただきました。(http://shahram.jp/

オーナーのシャーロムさんが長年の経験を活かし、イランやインドへ直接買い付けに行っています。先祖代々イランで絨毯を扱っている家系だそうで、日本に向いているサイズやデザインをさがして輸入しているそうです。昨今は現地イランでも質の良いペルシャ絨毯が減ってきているそうです。それは労力と時間と賃金とのギャップ。織手さんが職を変えてしまう。だから質の良いオールドやアンティークの絨毯は値が下がらない。ものによっては経年と共に価値が上がる場合も。熟練の職人であっても一日に結べる数は5000個といわれています。だから2m×1.5mの絨毯を1枚を作り上げるのに3年ほどの時間がかかります。織手さんがコツコツ縦糸に1本ずつ結んでいく事を考えると、高価な理由が分かってきます。

ペルシャ絨毯は1000年を超える祇園祭の山鉾の懸装にも見る事ができます。当時は鉾の派手さを競うため舶来品の高級ペルシャ絨毯が使われたと思われます。

そんなこんなで、ペルシャ絨毯は、とても高価です。気楽に買える品物ではありません。

 

でもイランのウール絨毯は、気温差のあるところで育った油分のある羊の毛から作られており、汚れにも強いため、気楽に使ってほしいとの事。汚れはすぐに拭けば取れるそうです。もしひどい汚れがついても、国内にいるイラン人の絨毯専門のクリーニング屋さんで洗うこともできます。面白いのは、織り上がった絨毯の上を車で往復したり、岩肌に叩きつけたりすること。そうすることで結び目がしまり、絨毯がしなやかになるんですって。シルクに比べ歴史が古いのもウールだそうです。丈夫さと使いやすさでいったらウールなのかもしれませんね。 ペルシャ絨毯は、高価で手が出ないという方は、ギャッべやキリムも良いかもしれません。価格がリーズナブルになります。用途に合わせて選ぶのも良しです。

良い絨毯の選び方をシャーロムさんから聞くと納得します。安い理由は、染めが悪かったり、結び目が貧弱だったり、目が粗かったり、はたまた機械織りだったり(本物のペルシャ絨毯は手織りなんです)。 一度お店に寄って、お話を聞くのもよいかもしれません。

さて、今日のお客様はどれを選ぶのでしょう…

ギャッペ
トイプードルのメイちゃんは、コレが良いって言ってるようでした。

鵠沼と茅ヶ崎で地鎮祭

先月、今月と続けて地鎮祭が執り行われました。

最近は上棟式を行う事は無くなりましたが、技拓は

地鎮祭の実施をおすすめしています。

自分の家を造ぞ!と感じていただく気持ちのケジメ。

この地面に立っている場所は、これから家族の皆様の生活の場所として永く過ごします。

神様にこの地面に下りてきていただき、住む事のご報告。

 

私達は、工事の安全を誓い、神様へご報告いたします。

 

どちらも年内に完成予定をしています。

 

 

技拓に行って話を聞いてみよう

技拓に行って話を聞いてみよう

 

奥様の仕事上の先輩から「家を建てるなら技拓にいってみたら?」

と言われたそうで、ご主人と一緒にお越しくださいました。

平成26年の夏6月。

まだ土地も決まっておらず、まずは話を!で足を運んでくださいました。

 

決めていたことは「鵠沼に住む」という事。その条件下で、いくつかの土地候補が上がってきました。

「この場所は、どうだろうか?」と契約の意志を固める前に、技拓は建築をする立場で土地を見に行きました。

土地の価格と、建物の予算。出来上がった商品を買うわけではないので、なかなか難しいところです。しかし、ご夫妻共に自身のお仕事が「造り出す」という事をされているので、私達の立場もよく分かってくださいました。

何度かの検討の末、ようやっと半年後に今の土地を探してこられました。古屋の建つ少しうっそうとした敷地。決める時はこの状態で決断をしなくてはいけません。この状態から新築を想像する。敷地は「無」になり、ゼロから作り出す想像。初めての家造りには難しい決断でしたでしょう。住環境、日当たり、道路の状態が判断材料。

「あとは設計に任せよう。きっといい家を造ってくれる、はず」と…。技拓は責任重大です。

 

ヒアリングをし、最初のプレゼンテーションは昨年の2月。この家は、お母様と若夫婦の住む家。将来子供が増えるかも。具体的な事はそのくらい。あとは、

どう家で過ごしたいか?「気持ちよく過ごせれば」

玄関の向きだけが懸案事項で向きを変えたくらいで、あとはほぼファーストプレゼンのまま。仕事上で何時も逆の立場なご夫妻。伝え方も、プランの受け入れ方もとてもクールでした。

 

一回目の見積提出の時は、案の定、予算オーバーをし、金額を調整していきました。質を落とすのではなく、考え方を変える。諦められることは諦める。この作業は、100%のお客様が通る節目。この時は何時もに増して真剣な打合せでした。

その後、全てが決まり家造りのスタートを切り、詳細の決め事の打合せは現場であったり事務所であったり。空間の担当はそれぞれ決まっていて、外構はご主人。キッチンは奥様。

 

それ以外は、ご夫妻でアクセサリーや見えてくる器具決めのみ。ご主人が事あるごとにおっしゃっていました。「日本企業が潤うように」と。ほとんどが日本メーカーの品々です。

でも食洗機は沢山洗えるドイツのAEG。

予算を抑えるためにデッキやフェンスは、ご主人のご実家のお父様が応援に。常日頃DIYがお好きで、積極的に参加してくださいました。

ご主人の故郷のお話しは、とても楽しく聞かせていただきました。そして数年前までイタリアに居られたご夫妻は、イタリア人の不思議さを、面白おかしくお話ししてくださいました。その中でとても印象的だったのは、「イタリア人は今も真剣に真面目にダビンチのような天才が、イタリアから出てくると思っている。でも自分は絶対にならない」という話し。楽しい打合せは終わりました。今は、家を育て楽しんでいらっしゃると思います。

愛媛の話は、また伺いたいです。

技拓が気になる

技拓が気になる

 

土地探し中、不動産屋さんから技拓っぽい家を建てる工務店を、幾つか紹介されたそうです。話を聞いているうちに、

「であれば、一度、本家の技拓に行ってみよう」

となり、来社してくださいました。

雑誌やカタログから伝わってくるイメージから連想すると、

「おしゃれに作っているから、ハウスメーカーのような機能は無いかもね。屋内外に木を多用して、野暮ったくなく作ってくれるから、大きな期待はしないでいよう」と…そしてご夫婦で来社してくださいました。

熱心に技拓の話を聞くお客様。流行やおしゃれ感で素材を選んでいないことを、ご理解いただきました。それでも、冬暖かく、夏涼しい家という話は、半信半疑だったそうです。引っ越して住むまで。

夏に入る少し前にご入居。去年の夏も猛暑が続く中、

「暑くないんです。何かしました?(笑)」

とお話しくださいました。もちろん、暑さ、寒さの体感は人それぞれです。一概に全ての人に当てはまとは言えません。でも、

西日の侵入を極端に減らした事も、よかったのだと思います。

家具メーカーの「TRUCK」が好きで、すでに幾つか家具をお持ちです。また、今回オーダーした「Atelier key-men」のタオルバーやアクセサリー類。その家具や小物が生える様に、室内はあまり派手で極端な事をしない、を提案していきました。

奥様が料理好きなので、キッチンの長さは、3m50㎝。漆器や食洗機不可の食器をお持ちで、食洗機は付けず。その代りシンクは広く巾1m。ステンレス一体のシンクなので、隙間の掃除は気にすることはありません。このサイズのカウンター、現場納品はそれはそれは、大変だったようです。監督さん、職人さんありがとうございます。収納は、冷蔵庫も隠してしまうほどの長く奥行きゆったりの収納。こちらは3m60㎝の収納力。

楽しく料理をされ、ご主人も食事の度に弾む会話が想像できます。ウェルカムパーティーにお誘いいただき、その腕前を披露していただき、家を造ってきた冥利に尽きます。

敷地裏は、ご主人の遊びのスペース。北側ですが、巾があるため陽も当たります。完全にプライベートな空間。本当なら室内に設けたかった部分なのですが、ここはここでとても快適だと思います。椅子を置いて、海仲間と語らうも良しと思います。

ご近所さんなので、また遊びに行かせてください。今度は、奥様の焼きたてパンが食べたいデス。