注文住宅の技拓株式会社

NEWS

撮影同行は私の楽しみ♪

今朝のニュースでは曇りと言っていましたが、
撮影を始めて1時間も経たずに、雨が降り始めてしまいました。

今日は、来月末発行されますバイザシーの記事の撮影に、同行してきました。
築9年になる都筑のI邸。

外観の撮影は、再撮になりそう。
緑が多いので、やっぱり晴れた日に撮りたいですね。

インテリアのすべては、奥様のセンスが活かされています。

最近は、ブリキに凝っているということで、至る所にブリキの入れ物が♪
植物が大好きな奥様は、鉢ケースもブリキにしています。

塗装などもご自分でされるし、洋裁もお得意なので、カーテンでも
なんでもご自分で作れる。
とにかく、長年かけて、空間を育ててきた!って感じが出てます♪

技拓のお施主様の中では、かなりインパクトの強いインテリアではありますが、
全体のテーマがぶれていないので、個性的で素敵な雰囲気を醸し出しています。
リビングは、まるでお花屋さんの店舗のように、絵になります。

キッチンももちろんダーク系。テーマは「泥つき大根が似合うキッチン」!
その発想!私も大好きですね。
詳しくは、是非来月発売のバイザシーをご覧くださいね♪

とても参考になる小技がいっぱいのお宅でした。
私も、ちゃんとテーマカラーを決めて、インテリアをもっともっと楽しみたいです。
ああ、ほんとお施主様の家に伺うと、勉強になります。
楽しんでいらっしゃるお施主様から、いっぱい学びたいと思っています♪
今日はお忙しい中、ご協力いただき、ありがとうございました。
また、遊びに伺いますね♪

等々力の新しい仲間が完成です。

台風が去り、気持ちのいい秋晴れです。
この連休は、台風被害の後処理に忙しい方も多いのでは?
まずは窓拭きもあるし、落ち葉の掃除もある。
こんなに強い風を体験したのは、もしかすると初めてですね。
至る所の街路樹も一気に枯れてしまって、昨日は台風の規模の大きさを改めて
実感しながら、犬の散歩をしていました。

その台風が去った翌日のこと。
ようやく等々力のお施主様宅が、お引渡しとなりました。

今日は、そんなお話です♪

3年前に一度相談に足を運んでくださったその時から
ようやく今を迎える事ができましたね、と引き渡しの数日前の打ち合
わせの中の雑談でそんなやりとりがありました。

最初は、鎌倉、葉山、時に佐島方面などの土地を検討されたそう。
大きさ、価格、そして利便性。
大きく判断基準になったのは、利便性。
ご主人の仕事柄、夜遅くの帰りもあり、又小さなお子様を3人を連れて
奥様の日常の行動が制限されてしまうことを、拭う事はできませんでした。
それでも「環境の良いところ」を探し歩いたそうです。
ちょうど1年前、
「土地が決まりました!」と連絡をいただきました。
そこは、世田谷区等々力。
環八や目黒通りを主要な道路としていて、
多摩川にも近く、又近くの等々力渓谷があります。東京23区で唯一の
渓谷なんだそうです。
最高気温が35度近くあっても等々力渓谷は25度以下になる
自然の恩恵を受け、古くは古墳時代から地域に守られ続けている渓谷です。
ここF邸は、そんな自然を守る世田谷区であるせいか、静かで緑化事業も
守られている感じのする街です。

吹き抜けを大きく取ったリビングを中心に1階は、ダイニングとキッチン、
そして和室があります。

2階はその吹き抜けを見ながら廊下を介して、子ども室、主寝室。


部屋から一歩出ると、必ずリビングの様子をどの部屋からも見る事ができる。
高い吹き抜けのハイサイドライトから、空の様子が見え、雲の動きを観
察でき、おそらく月明かりもリビングに差し込むでしょう。

そして、インテリアにもちょっと遊びを試みました。
ご主人の仕事で、フランスに行く事も多く、又ご本人もフランスに住ま
われていた事もあってツマミや、取って、スイッチなどは、輸入品を選んでみたり、
壁の色も、ちょっとフランスっぽくアクセントに塗ったりと、
まさに+ spiceを導入した家。

日本の製品は精度もよく、細かな気遣いがされた便利な商品があります。
消費者の思いに沿える様な商品開発がされていますが、その反面、
「風化による味わい」や「本来の機能のみ」は、最近ではみかけなく
なってしまいました。
F邸では、それを思わせてくれています。それはドアノブです。
最近の子ども達は、ドアノブを回す事ができなくなってきていること、
意外と知られていません、残念です。
ここF邸は、機能性重視の家ではなく、
目的を持った家となっています。

お引越し後、家具が入ったらまた覗きたい、そんなお家になりました。
さあ、これから外構工事も始まります。
楽しみですね♪
末永く、今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

「私の小さな家」はギャラリーへ

気持ちのいい秋晴れです。
風も湿気がなく気持ちがいいので、犬の散歩が楽しくなります。
さて、今日は前にご紹介した新築のお施主様の外構工事が出来上がったので、
もう一度ご紹介しますね。

何もない「0」の土地からスタートをしたのは、去年の11月。地鎮祭は12月。
新年を迎えいよいよ着工。
お客様がいつもおっしゃる「私の小さな家」
まさに小さな家が植栽も含め完了しました。

1LDKのお家は、風通しのよい南北に風のぬける家。
敷地一杯、建蔽率容積率をめい一杯つかうのではなく、
敷地全体をトータルに有効的に楽しめるよう
家の大きさ、デッキや植栽エリアの大きさ、駐車場の大きさを考えました。

リビングからは、道路からの視線をかわすフェンスを造りその先に、
シンボルツリーのヤマボウシが敷地の中央に枝葉を広げ植えられました。
植えたばかりなので葉が大分落ちてしまいました。
来年の春には、さらに大きくなります。
やまぼうしは8mくらいの樹高になるようです。
春の新緑、初夏の白い花、秋の紅葉と果実の収穫、冬に枝の美しさがあります。
扇状に枝葉を広げるので、敷地境に植えると、お隣さん宅に果実が落ち
汚してしまうことがあるので、ここH邸では、
自分の敷地内で処理ができるよう中央に植えました。

北側のデッキでは、朝日をあびながらヨガを
南側のデッキは、人々のコミュニティの場所になるよう少し大きめに、
そして、四季折々を楽しめるデッキとなりました。

北側デッキ

南側デッキ


いつかは、ここでギャラリーを開きたいとのこと。
ガラス作家さんや家具作家さんと知り合いになっているそうです。
いろいろな可能性を生み出してくる「小さなお家」
猫のKIKIちゃんもお出迎えしてくれました。

南足柄T邸をご紹介します

今日もお天気がいい一日。
外回りはやはり汗が出て大変ですが、雨が降っているより
断然晴れている方が、気分がいいもんです。元気がでる♪

さて今日は、7月末発売のバイザシーに掲載された、
南足柄のT邸の写真をご紹介していなかったので、UPしたいと思います。

台風の影響が心配されていた中、さすが晴れ男の細田カメラマン!
ドッピーカンの暑いお天気に恵まれ、いい写真が撮れました。
築10年。お引越しと共にやってきたレモンちゃんも10歳。
わんちゃんのためのデッキもあり、緑に囲まれ、まるで避暑地の別荘のような
素敵なお宅です。
とても素敵なご夫婦のお話をお聞きしながら、大変有意義な時間を過ごすことができました。
是非、皆さんも写真をお楽しみください♪

HPのギャラリーでも掲載いたしますので、どうぞお楽しみに♪

茅ヶ崎N邸の空間

毎日、蒸し暑いですねぇ~
今日は日差しもあるし、昼間に散歩に出たがるポーさんですが、
用を済ませてしまえば、もう暑くてさっさと事務所に戻りたがるほど。
もう少し遊歩道の散歩を楽しんでもよかったのですが、犬が嫌だというのだから
しかたがない(笑)

さて昨日は、先週の茅ヶ崎N邸の撮影の続きに行って参りました。
先週は、あいにくの小雨で、外観写真の撮影を断念。
2週にわたり、お時間をいただき、撮影してきました。

母屋と息子さん世帯の家が2軒と、3軒が同じ敷地内に並ぶ、とても素敵なN邸。
母屋が築5年、3軒が建ち並びちょうど3年になり、植栽も立派に育ったので
記録写真を撮らせていただきました。
写真が出来上がりましたら、HPやブログ内でもご紹介させていただきたいと
思います。
今回、2週にわたり、撮影にご協力いただきましたご主人様、奥様。
そして、ご家族の皆様。
本当に、ありがとうございました。
楽しいお話と、美味しいデザートまでご用意してくださり、
本当に素敵な時間を過ごすことができました。
また、是非遊びに行きたいと思います。

ブログを読んでくださっている方も、写真のご紹介、是非お楽しみに♪

さてさて、業務も今日と明日の2日間となり、私たちも夏休みをいただきます。
   夏休み8/9(tue)~8/17(wed)
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

いいお天気の中の撮影でした!

先週決まっていた、雑誌の撮影。
梅雨の雨空をカメラマンも心配していましたが、撮影前日に梅雨明け宣言!
やっぱり細田カメラマンは、晴れ男!

ということで、昨日の日曜日は、雑誌バイザシーの撮影に同行してきました。
南足柄のお施主様宅に行ってきました。
築10年のT邸。お家とともに成長した10歳のラブラドールのレモンちゃんも
撮影に参加してくれました。

真っ青な空の下、光と影のコントラストが美しい外観の写真が撮れたと
細田カメラマンもご満悦。
素敵な写真は、雑誌がでるまでのお楽しみですが、
ちょっとだけ♪

大汗をかきながらの撮影、お疲れ様でした。
また、お休みのところ、撮影にご協力いただきまして、
この場をお借りして、お礼申し上げます。
ありがとうございました。

次回、バイザシーは7月末発行です。
皆様、お楽しみに♪

ご来社ありがとうございました。


この土日は、家づくり定期相談会でした。
今日のご予約は終了して、今は8月から着工予定のお施主様のプラン打ち合わせ。
2棟目の技拓ハウスです。
また一緒に家づくりが出来るのは、とても幸せなことです。
感謝しています。ありがとうございました。

今回の相談会に来ていただいた方々も、大変意欲的でいらっしゃり、
これからのお打合せが、とても楽しみです。
次回は、どうぞわんちゃんをお連れ下さいね。
ポーもお待ちしています♪

さて、この梅雨がはやまったことで、オリーブの受粉がうまくいきませんでしたが、
なんとか、チプレッシーノには実がなり始めました。

今年は、いくつの実が大きくなるのか楽しみです。

アメリカーンは、他種との受粉が雨と重なり、上手くできませんでしたので、
ほんの数個というところになるでしょうが、
それよりも、数日前から急に弱り始め、葉がばらばらと落ちています。
急に根っこもぐらぐらしてきたので、たぶんコガネムシの幼虫がいるはずです。
これは、大変!
明日にでも土を買って、植え替えが必要だな。
ものすごい量の幼虫が出てくるかも・・・
植物を育てるのは、なかなか難しいですね。
自分たちで育てたオリーブが口に入るのは、いったいいつのことやら(笑)

———gitaku通信————————

会長の白鳥和正が主催する「湘南に住もうの会」HPにBRANDというページが出来ています。
そこでは、「語りで伝える”GITAKU”の足跡」と題して、会長のインタビューをまとめたものを
約半月に1回、更新しています。
技拓の始まりから現在に至までの足跡、ご興味のある方は、是非御覧になってください。
今回は、VOL.4 「高度成長期」です。

次回もお楽しみに♪

小さくても空間を最大限に活かす技

今日は節分です。
季節の変わり目となる立春の前日が、節分にあたるんでしたよね?
季節だけでなく、占い的にも運気の変わり目なんていうこともよくいうので、
節分までは動くのをやめましょうとか、節分を過ぎたら運気が開けますなんて
言葉を耳にしたりしますね。
私は、この節分はそういった意味でも節目として意識する日でもあります。

さて、2月に入って、ようやく少し寒さがひと段落。
温かくなると、私もがぜん仕事に熱が入ります。ようやく冬眠の洞窟から
抜け出してきた感じでしょうか(笑)

色々な家づくりのお話を伺えるのは、楽しみで仕方ありません。
ここのところ、リノベーションやオフィスなどのご提案も増えてきて、やりがいがありますね。
色々な空間に、私達のプランを採用していただけることは、何よりも嬉しいことです。
技拓を意識してくださっていることに、とても感謝しています。

さて、今日は引き続き年末にお引渡しした新築のご紹介です。
こちらもまだ家具が入る前なのですが、Y様の雰囲気やお話を聞いていて
是非家具が入った後のライフスタイルも、見せていただけることを楽しみにしてます。
そのうち、カメラマンを入れて写真を撮らせていただければと思っています。
またこの時期に、現場が重なり職人も監督も、本当に大変だったと思います。
改めて、皆さん本当にお疲れ様でした。

その新しい技拓の仲間は、葉山に誕生です。
こちら実は、26坪。でもプランが活き、とても広々とした空間となりました。
Y様はご夫婦と小学校1年生の娘さんとの3人家族。
横浜より葉山の環境を気に入られ、転居をご計画されたそうです。
通りより少し奥まったところで、静かな環境の土地。
普通では南側に意識が行ってしまうなか、Y様の土地は少し上がったところからの北側景色が最高!
設計も土地を見て、「これは取り入れよう!」
 
2Fのご夫婦の寝室や浴室からは景色が抜群!
葉山の山並みが楽しめます。

2Fのもう一部屋、娘さんの部屋は壁一面の色を変えました。
娘さんが選んだお色で、しっかり家づくりに参加。
とてもかわいい部屋となっています。

1Fは、広いお庭スペースとのつながりをを活かしたLDK。
とても仲の良いご家族の笑い声が聞こえてきそうな、開放的で寛ぎの空間となりました。

一部平屋のイメージを残したダイニングスペースの天井には、米杉を張り大きなトップライトが2枚。
こちらも開放感たっぷりの空間となっております。


玄関横のクロークや、パントリーなど収納にもこだわりました。
限られたスペースでクロークとパントリーがついたことは、技拓としても自信のあるプランです。

暖かな陽射しや、気持ちの良い風が通る家になったY様の家。
これからウッドデッキやお庭造りを、少しずつ進めていく楽しみを残しての、お引渡しとなりました。

家は、お引渡しが完成ではなくてもいいのです。
住まわれるお施主様が、少しずつ手を入れて頂き出来上がっていくものだと思います。
今後も協力しながら、Y様の家とお付き合いを続けていくことが出来ればと、
スタッフ一同思っております。
年を重ねるごとに変わっていく様が、また楽しみですね。
ありがとうございました。

Free&Easyもみてね。

今日の燃えるような夕日と富士山。
空のグラデーションがなんとも美しいのですが、社内からはこの写真で精一杯。。。
 
ここ数日、冷え込んでいるせいか、特に美しいグラデーションを作り出していますよね。
でも、仲間がゾクゾクとfacebookにUPする、海で撮った夕焼けの写真は半端じゃない!
毎日、この景色を眺めて過ごしているのは、ほんと羨ましいかぎりで、
時々神がかった写真すらあるのです。

さて、2011年1月も今日で終わり!
早い。。。
明日から少し寒さも和らぐようで、2月は穏やかにスタートかな?
歩いていると、そこらじゅうで梅が満開を向かえ
春が近づいていることを感じます。
オフィスの前のハクモクレンも、いつの間にかつぼみがふっくらし始めて、
季節が巡っていることを実感しますよ。暖かな春の陽気が待ち遠しいですね。

さて、男性に大変な支持を受けている雑誌。「Free&Easy」
発売した3月号は、DAD’S STYLE特集。
この特集のときって、特に人気なんだそうで、格好良さを追求したい男の
バイブルに、技拓の建物が紹介されましたのは、ありがたい!

「大人のための趣味の作りかた」の特集
【ベース基地を持ちたい】CASE1のロフトを基地にするということで、取り上げられました。
ご興味のある方は、是非見てください♪

また、技拓の紹介ページでも、素敵なお宅が掲載されています。
このお宅、すごく落ち着くんだよなぁ~と、個人的にもかなりお気に入りのお家です。
編集者の文を読んでいると、私達が言いたかったことをズバリ書いてくださって、
FBが技拓を選んでくれている理由を改めて納得しちゃいました。
素敵な文章を書いてくださって、ありがとうございました。

こうして、雑誌などで取り上げていただけることは、とても嬉しいかぎりです。
まだ、撮影はこれからなのですが、2月はテレビの撮影もあります!
詳しいことが発表出来次第、またブログにも載せますね♪

さて、次回は引き続き、新築のご紹介です。
どうぞ、お楽しみに~!

やっと、お家をご紹介できますね。

毎日毎日、乾燥が続いているので、お肌の保湿も不足気味。
さすがに化粧水だけではいけないと、悟りました。
今日からちょっとクリームも使わないと、お肌のキメが粗いようです。
昨日は、横浜で雪の初観測ということでしたが、ここまでひどい乾燥が続くと
少しばかり雨が降ってほしいなどと、わがままを言ってしまいます。
皆様、くれぐれも火の元に注意して、お過ごしくださいね。

さて、今日もなかなかご紹介が出来なかった新築のご紹介になります。
こちらのO邸は、お引渡しは昨年の9月でした。
お施主様ブログを書いてくださっていた方で、ご主人様も大変お忙しくなって
しまったなか、本当にありがとうございました。
私達も本当に感謝しています。

さて、そんなO邸のご紹介です。今日は担当者からの報告です!

横浜のマンション住まいをされていたO様は、土地探しからのお手伝いでした。

ご家族がゆっくり過ごすことが出来るように環境を変えたい、
というのがO様の転居の大きなきっかけでした。
鎌倉・逗子・葉山と一緒に色々見てまわったことを今では懐かしく思い出します。
様々な物件を見る中でO様の出した一つの結論、
それは「逗子から歩ける距離で物件を探す!」ということでした。
しかし、逗子から徒歩圏での土地探し。これがなかなか大変でした。
物件自体が、少ないのです・・・
一緒に全ての物件を見に行きました。
どの物件も、良い所・悪い所があり、O様も判断が難しかったと思います。

土地探しを始めて約2年が経った頃、やっと出会った希望の土地。
きっと、O様ご家族はこのときホッとしたのではないかと思います。

土地が決まり、いよいよプランニングスタート!
最初は1Fリビングをご希望されていらっしゃいました。
その理由は、
子供が家に帰ってきた時に、家族の前を通らないで
自分の部屋(子供部屋)に入ってしまうのではないか?
というご心配からでした。

小さなお子さんがいらっしゃる方は、皆さんが共通して心配されることです。
私もその思いに応えるべく、悩みました。
しかし、ご購入された土地の状況を理解し、家の中での人の動きや日当りなどを検討すると、
やはり2Fリビングの方が最適と判断し、プランのご提案をさせて頂きました。
確かに、2Fのリビングというのは少し遠い存在に思えるかもしれません。
でも私は、家の間取り・2Fリビングということが全てではなく、
そこに「お母さん」という温かくて優しい存在があれば、きっと2Fのリビングに行きたくなるはず、
近くの存在に感じるはずだと・・・ そう思っています。

奥様が、お子様お二人とのつながりやかかわり方を大切にされていらっしゃったので、
2FのLDKは、キッチンに立った時に全体が見渡せるプランをご提案しました。
キッチンは奥様たってのご希望の落ち着いたブルーを選択。
ステンレスカウンターとの相性も抜群で、全体のアクセントにもなりました。

また、奥様は家事をしたり寛いだりする空間として、
ダイニングスペースを大切にしたいというご希望でしたので、
ダイニングスペースからも全体が見渡せるようにプランニングしました。
勾配天井の低い部分をダイニングスペースとして、
落ち着いた空間を演出出来たのではないかと思います。


ご近所が密集している土地の為、
全体的にはご近所を意識した窓の配置をして、家の中にいて落ち着くような雰囲気をつくりました。

先日、遊びに寄らせて頂いた時に、
「家にいるのがとても落ち着く!」と奥様におっしゃって頂けたことが、
家づくりをお手伝いして本当に良かったと思いました。
お子様たちも、海にお散歩に行ったり、ご近所のお友達と遊んだりと、毎日楽しく過ごしている様子。

肩の力が抜けてナチュラルでいられる日常の生活を、
今回の土地探しからの家づくりでご提案出来たのかなと思いながら、
私は娘さん・息子さんの遊んでいる姿を眺めていました。
これからがまた、新たなお付き合いのスタートですね!

この文章からも、紹介のブログを書いた担当者の深い思い入れが感じられます。
担当スタッフとお施主様の気持ちが、ひとつになって出来たいいお宅でした。
初めての冬は、どんな風に楽しまれているのかしら?
お子様の成長と共に、家の成長も楽しんでいただければと思っています。
ありがとうございました。